風船は反芸術だ
→気膜造形論
→風船について
高橋士郎空気膜造形シリーズ
English 高橋士郎
  →作品一覧     
気膜観想「気膜」とは、あの世の気(精神的目的)と、この世の表層(物質的手段)を連結する、媒概念である

旅する祝祭
街の空地で膨らませば、たちまち幻視的空間が現る。振舞い納め後には、跡も残さず消えうせる。
1984 NSビル個展
2011 アートサーカス

軟らかいロボット
膜体内部の空気圧を駆動力とする簡単な構造。故障が少なく、保守点検が不要です。
1973 コンピュータアート展
1980 電気通信科学館

消える造形
物語の世界で、事物は自由自在に出現と消去を繰り返す。日常の中に非日常を演出する。
2009 青山斎場ロック葬
1989 大阪天神祭
     

生態的環境
生物は、自らが生息する環境を構築する。軟らかい曲面空間はアナーキーな気分を浮遊させる。
1991 原美術館アーク
1992 昭和記念公園

環境に優しい
薄い表皮だけで形体を表現する。省資源や廃棄物処理の上で大変に有意義な造形技術です。
1985 エプコットセンタ
1997 会場設営

巨大な造形
大きさと重量が比例しないので、形が寸法に規定されない。形態の拡大が自由自在です。
1987 国際デザイン博
1994 紅白歌合戦


1983 Chris Marker
DVD『SANS SOLEIL』36:00-