帝国音楽学校  →帝国美術学校
1926
堤康次郎の音楽村構想
東京高等音楽学院」設立 渡邊敢
ヴァンダーリップ夫人の寄付金
(現 国立音楽大学)
5/28東京朝日
5/29読売新聞

 

1927    
1928 第一次帝国音楽学校 開校 校長: 福井直秋 4月11日 福井直秋校長辞職 12月  
1929 第一次帝国音楽学校の在学生128名が「武蔵野音楽学校」に転入 福井直秋 設立
北れい吉が「帝国美術学校」設立
 
1930 北の身内が「東京高等音楽学校」(院長 三室戸敬光)を退学して帝国音楽学校に入学
北れい吉が「帝国音楽学校」父兄代表9月 
第二次帝国音楽学校 開校 10月 革新的な制度の運営
有馬頼寧校長就任11月 後の農林大臣 北れい吉が有馬頼寧校長就任に尽力
評議員会(教授 3 名、父兄 3 名、校長)、教授会(全教授)
理事会(各学年から男女 2 名計 4 名ずつ選出)を組織
理事会内で選出された 5 名の学生は、学生の要望を教授会又は評議会に提出することができる
学生の要望を直接教授会又は評議会に提出することのできる
同校に就任する教授も、学生投票によって決定される

北れい吉
1931 北れい吉「帝国音楽学校」評議員10月 校長 有馬伯爵
4回生卒業

有馬頼寧
伯爵 日本中央競馬会
1932
北れい吉 校長就任 6月
北れい吉 ハーバード大学客員教授 各国歴訪7/30 ロサンゼルスオリンピック観戦
「美術視察」カナダ・ メキシコ・フランス・スイス・イタリア・ドイツ各国を歴訪
の不在の間は、教授評議員の鈴木鎮一が校長代理を務めた。
画期的と見られた評議員会制における評議員に属する教授3名には、鈴木鎮一、小松平五郎、野村光一が就任、運営上のほとんどはこの 3 名によって仕切られていたのだが、財政難を解消する手立ても見つからず。
解雇騒動
評議員の菅原明朗らが解雇騒動される12/5 看板教授とその弟子8名 1935年2月に終結

菅原明朗 作曲家
フランス流の新風 カトリック
1914-1918 川端画学校
1930 帝国音楽学校 作曲科主任
1938 歌劇『葛飾情話』
1933
北れい吉8月2日帰国
雑誌『音楽世界』(6 巻 2 号)に論文「帝国音楽学校を解剖する」深井史郎(解雇) 寄稿
校長がほとんど不在であったために、と教授 学生らとの関わりはほと んど皆無
評議員制は崩壊し、幹部以外の教授や講師の意見の通る機関が設置されていない、
評議員の独裁体制になった
1934 同窓会 会員録pdf 7月25日

野村光一(帝音評議員)、堀内敬三(日大音楽科)間で合併案持ち上がる。春頃 
小松平五郎、評議員会にて合併案提示9月下旬 日本大学との合併交渉開始10月下旬
日大芸術科長松原寛が合併案受理 11月下旬
北れい吉校長と松原芸術科長会見11月30日 交渉まとまる 12月上旬
評議員の小松が、財政難に喘ぐ帝国音楽学校と日本大 学芸術科との合併を提案12月
終業式前に教員らに再度採決、合併了解を得る。12月19日 終業式で学生に伝達
合併騒動
帝音学生が全学生大会開き、学生代表を選出12月 
代表学生ら小松を訪問、合併反対意見を提出12月23日
「帝国音楽学校学生会」は、帝国音楽学校が「全学生の自主に依って創立されたもの」であり「学校の内規にも評議は学生の意思を尊重し、学生代表に諮問する事という一ヶ条がある」にもかかわらず、合併が秘密裏に行われ、創立者の卒業生及び、一部評議員の外父兄、卒業生、教職員、学生に一言の相談もなく通告

高田集蔵
霊的求道者「大正畸人伝」


鈴木鎮一


平間文壽

1935 合派反対派が全学生大会開催 1/7 登校日に幹部ら登校せず 1/10
代表学生がを訪問、反対決議書を提出するが、受理されず。1/14¥  
報知、東京日日が調印決定を報じる 新聞の報道を受け、代表学生らが松原寛宅を訪問 1/16
鈴木鎮一が自力更生案を提示。1/23 調印覆る
      学生ら、鈴木の更生案1を知り、反対運動の勢い増す 1/28  
      更生案1実現に至らず 1/30 
鈴木鎮一が更生案を提示 2/4  
      合併反対派で集会、翌日推進派開催の集会への欠席を呼びかけ 2/7 夜  
      反対派、推進派開催の集会に一人も出席せず。
合派反対派が全学生大会、教職員会、卒業生会を開き総退学決定 2/8 
合派反対派が帝国美術学校ビラ撒布 02/21   
鈴木鎮一が「帝国高等音楽学院」設立 2/14
第二次 帝国音楽学校 廃校 2/31 

モギレフスキー
1936    
1937   「帝国高等音楽学校」開校 鈴木
1938   「東邦音楽学校」設立 三室戸敬光
1939   「帝国高等音楽学校」認可
          1944廃校

1887

官立「東京音楽学校」

1921  
1923
震災
 
1924  
1925  
1926 「東京高等音楽学院」四谷 []
設立者 学院長:渡邊敢 牧師
ヴァンダーリップ夫人の寄付金
堤康次郎の国立音楽村構想
1927 「帝国音楽学校」設立認可申請10.22
高井マキ(新潟高等女学校 高井徳造の妻)
村上直次郎(東京音楽学校校長)応援
福井直秋(青山師範学校教授)校長 12
アレキサンダー・モギレフスキー
1928 「帝国音楽学校」設立1.27 生徒募集4.4
鈴木鎮一就任
福井直秋 校長辞任 10.27
1929 「武蔵野音楽学校」福井直秋が申請1.29
     帝国音楽学校在学者128名転校
高井マキが「帝国音楽学校」校長事務取扱
1930 「東京高等音楽学院」内紛
裁判で和解8.13 渡邊敢引退
三室戸敬光子爵を設立者に変更 9月
学院長:三室戸敬光(〜46.5)
国立からの分離組が新校樹立を決心

「帝国音楽学校」
父兄代表北れい吉 9月
麻生義輝 教授(1932帝国美術教授)
1931 有名無実の「帝国音楽学校」再興
校長 有馬伯爵 評議員 北れい吉10月
鈴木鎮一
小松平五郎(1947日大芸術学部)
アレキサンダー・モギレフスキー []
1932 「帝国音楽学校」校長 北れい吉6月
下總皖一
  (文部省在外研究員ドイツ留学)
   東京音楽学校助教授 1942年教授
1933 米国「連邦美術計画」失業美術家の救済
1934
(東京高等音楽学院)大塚分教場
設立 三室戸敬光
1935 「帝国音楽学校」「日大芸術」併合案
「帝国音楽学校」同盟休校2.8
帝国高等音楽学院が アジビラ撒布 2.21
「日大芸術」が併合契約を断念7.3
 高井マキが廃校を決心
1936 日本工作文化連盟
1937 [愛国行進曲]
1938 「東邦音楽学校」設立
校長:三室戸為光
1939 [太平洋行進曲]
1940 日本の皇紀2600年に寄せる祝典曲
リヒャルト・シュトラウス
1941  
1942  
1943 軍の要請で「学校工場」
1944 「帝国音楽学校」戦災により廃校
1945  
1946  

昭和2年当時、私立音楽学校は、各種学校であり、その卒業生にはなんら社会的な資格なり、恩典というものが与えられていない。
明治36年創立の女子音楽学校、明治40年創立の東洋音楽学校、大正15年創立の東京高等音楽学院

帝国音楽学校は東京音楽学校の出身者でもあり、当時、楽器店主、高井徳蔵により提唱され創立。福井を校長に就任を要請した。

学校創立資金に対する利息の引上げ、学校予定敷地の違約、予定ピアノ台数のいちじるしい不足等、福井は、開校以来わずか6カ月で校長の職を辞した。

武蔵野音楽学校設立へ。福井の辞任を知った生徒全員は、署名して福井校長の留任を切望する要望書を発表しました。
さらに、教職員16名は、福井校長とともに辞表を提出する決議を定めた。

昭和4年1月16日、福井は、早稲田商業学校校主小池茂実所有の東京府下代々幡町幡ケ谷八にある廃校寸前の老朽校舎を借り受けて「武蔵野音楽学校創立事務所」

武蔵野音楽学校のように、およそ学校創設の決意よりわずか100日足らずで、これだけの速度をもって設立された学校はありません。これは、とても個人の力でなし得るものでもなく、また2、3の強力な後援者の協力だけでもなし得るものでもありません。例えあり余る資金をもってしても、それは不可能です。

アレクサンダー・
モギレフスキー
ヴァイオリニストの(Alexander Yakovlevich Mogilevsky 1885-1953)
オデッサ出身。モスクワ音楽院、ロシア音楽院(パリ)で教鞭
1926年 演奏旅行で初来日
1927年  6 月から 12 月まで、東京高等音楽学院に招聘
1930年  第二次帝国音楽学校 学生投票によって 迎えられた教授
鈴木鎮一 第二次帝国音楽学校で迎えられた教授
小松平五郎 小松耕輔(1884-1966 日本作曲家協会を1928年に設立)の弟で、 国民交響楽団を主宰、
1930年 4 月箕作秋吉とともに新興作曲家連盟を創立
      中心的参画に菅原明朗 フランス派の作曲家 本科作曲科主任教授 作曲学・和声学を担当
属(朴)啓成 (1902-1994)ピアノ科助教授 の妻の属澄江も嘱託でピアノを担当
平間文籌 (1900-1989) 声楽には日本におけるベル・カント (bel canto)発展のために邁進
野村光一 音楽史
田村虎蔵 修身・ 教育・音楽教授法

報道
合併騒動騒動で、第二次帝国音楽学校は廃校に追い込まれ、反対派学生は新校を樹立するに至った。
新校樹立の先頭に立ったのは、評議員の中で発言力の大きかった鈴木鎮一だった。
一 連の出来事について第二次帝国音楽学校評議員野村光一は次の様に回想している。
学校の経営が行詰っちまって、どうしても埒があかない。校長の北れい吉さんも困っていたなぁ。結局はお手上げでね、この学校をどこかの音楽学校に吸収して もらって解散しようということになったんだけど、学生がいう事を聞かない。こ のまま続けるっていう。その味方になったのが、鈴木鎮一さんただ一人だ。
1935 年 2 月 7 日付『朝日新聞』では、この騒動を「第二次帝国音楽学校は学校という名はあるものの、提琴家モギレフスキーを中心としたささやかな楽塾である、それだけに教授も学生ものんびりとした研究施設を与えられて型にはまった学校制度は御免だというのが 今度の騒動のイデオロギーである」と伝えた。

12 月の終業式において合併が発表された折には、学生側からすれば唖然としたまま多少の質問をするにとどまったが、冬期休暇中に合併反対派勢が組織されていった。代表学生ら年明けの 1 月 14 日に校長を訪問し、反対決議書を提出したが、受理されず、そのまま 1 月 16 日に調印式が決行されたため、反対派勢はますます反感をつよめ、合併阻止のために、日大芸術科長の松原寛宅を訪問した。そこには、偶然堀内敬三も居合わせており、反対派学生 の説得を試みたが、徒労に終わった。
それから数日後、評議員の鈴木鎮一から幹部らに「自力更生案」が提案された。調印式を 終えてしまった以上、合併は決定したわけだが、野村、堀内、北、小松らは、鈴木の更生案 を一応聞き入れ、宅で話し合いを行った。

調印式後に提案された鈴木の更生案1とは、堀内と小松の証言によれば、「P.C.L.の植村 泰二から、学校が救われるほどの十分な援助が受けられるとの確約を得た」というもので あった。当然、その時の堀内らは月 300 円の赤字を植村の援助によって賄えるという意味と して理解した。しかし、後日植村と親しかった堀内が本人に直接確認すると、植村鈴木に 提案されたのは、「毎月 25 円ずつ」即ち 10 万円程度の援助と、「年度初めの 300 円の宣伝費」 であり、植村はこれに対して承諾したのであった。堀内から、月 300 円の援助を必要として いることを知ると、毎月 300 円という事ならば断るという返事で、植村からの援助は望めな くなった。
推測の域を出ないが、ここで鈴木の提案について考えてみたい。鈴木は、月額 300 円とい う高額な話では、どの支援者に持ち込んでも、最初から望み薄と考え、さしあたって毎月の 補助金として 25 円を確保したつもりだったのかもしれない。更に、この時既に 2 月だったから、じきに訪れる「年度初め」の 4 月か 3 月末に宣伝費としての 300 円が入れば、内訳は ともかく、一か月分はなんとか賄えるわけである。支援者へ持っていく話として、総額とし て毎月 300 円を必要としていることなどは、不要あるいは不利な情報なのである。その上、 その 300 円を一人の後援者に負わせる必要はないのである。
実際、堀内の話によると、紛擾の話を抜きにすれば、植村は「そんな少額の金で学校一つ 救われるならば喜んで御役に立ってよい」と考えていたのである。
鈴木は、同じ方式で他の後援者を何人か集めていけば、当面はやりくりできると見込んで いたのかもしれない。
堀内・小松の証言によると、植村の援助という自力更生案が破れた後、鈴木は第二の自 力更生案を提案した。それによれば、「私が責任者となれば其の人は金を出す」 という鈴木の個人的な縁故によるものだったらしい。察するに、「其の人」とは徳川義親を想 定してのことであると思われる。第二次帝国音楽学校廃校の直後に、鈴木を院長として設立された帝国高等音楽学院顧問に就任したのは、徳川義親だったからである。
「想定して」というのは、まだ鈴木がこの時、徳川に了解を取っていなかったと考えられ るからである。堀内によれば、「その証拠に本日グランドピアノ一台を[其の人が]寄付して くれた。」と鈴木が言った矢先に、学校の玄関にピアノが一台届いた。ところが、小松がピア ノの出所を探ると、それは日本楽器製造会社から運ばれたもので、「支払いは月賦、買受名義 人は鈴木鎮一氏、保証人二人は追って立てる。月賦の前金は学校で買うんだからなしにして 貰い度い」という鈴木の条件で届けられたものだった。このピアノの件で、小松も堀内も、 とんだ茶番に騙されたと言って憤慨したのである。
しかし、鈴木の背後にある「鈴木バイオリン」に目を向けて考えれば、あながち茶番とも 言い切れない。「ピアノの出所」は即ち、「鈴木バイオリン」と並んで日本の楽器産業を支え た「日本楽器製造会社」である。会社としてはライバルといえども、鍵盤楽器と弦楽器とい う異なる分野で、互いの縄張りをわきまえた深い交流があった。
鈴木梅雄は 1911 年(明治 44)に東京の日本楽器に派遣されたが、そこに持ち込まれる自 社のヴァイオリンの修理や舶来品の観察、などの修行が目的であった 。
1935 年 4 月の『月刊楽譜』(第 24 巻第 4 号)上で、鈴木を弁護した平間文壽曰く、ピア ノはかねてから同校に必要とされていたものだというが、これは楽器屋に顔の利く鎮一ならではの妙案で、ピアノをタイミングよく届けさせたことで、合併反対運動に拍車をかけたこ とは確かである。
大部分の反対派学生と教師たちは、合併反対の姿勢を貫き、2 月 13 日付で学生、職員の大 部分が退学、辞職したあと、世田谷経堂に新校を樹立、直ちにそちらで授業を開始した。
合併の失敗には、校主高井と家屋所有者の山名という人物との間におきた問題にも原因が あった。当初、土地および校舎の名義変更には反対しないとの意向を示していた両者間で「経済上の問題」が生じ、最終的に高井は「斯う紛擾が生じては[日大への]名義移転に応じかね る」と言い始めたのである151。合併先の学生と教師一同が不在の上、名義移転を拒まれた日 大にとって、もはや調印式は全く意味をなさず、第二次帝国音楽学校の廃校が決定した。

「鈴木鎮一と才能教育―その形成史と本質の解明」  []