ムカルナス:回教建築の鍾乳石状装飾 English  高橋士郎

データベース

地域別のindex
様式別のindex
都市別のindex
ID番号のindex

研究発表記録
1976年 日本デザイン学会口答発表
1977年 朝日新聞「研究コラム」
1978年 多摩美術大学研究紀要1号

1979年 雑誌「数学セミナー」
2008年 多摩美術大学研究紀要22号
2008年 共著「創造性の宇宙」

関連サイト
"Muqarnas Visualization" Heidelberg
ArchNet "Didital Library"
.

1)イスファハン金曜寺院の不思議

2)ムカルナスの3様式

3)対称性:シンメトリの美

4)内面性:空虚の想念

5)水平性:重力の現実

6)破壊と復原

7)近代における創作

 

多数のうつろな負の曲面が群れとなって垂れ下がる回教建築の鍾乳石状装飾ムカルナスの異様な美しさは、 ヨーロッパでスタラクタイトとか、ハニカムと呼ばれて、古くから旅行者によって語られてきた 。

様々な用途 様々な素材

しかしながら、その記述は簡単な紹介程度にとどまり、不明な点が多い。そこで著者は、 ムカルナスの造形がいかなるものかを明らかにしようと試みて、ムカルナスの天井伏図を多数作図した。

制作した多数の天井伏図を、類似する形態別に並べてみると、大きく三種類の様式に分類できる。さらに、それぞれの幾何学的な造形言語の系譜を明らかにした。

「多摩美術大学文様研究所」