遺作「古事記の森」2017/12/1    →高橋士郎 →気膜造形「古事記」

 

「別天」 ことあまつ メタ神話(大陸の思想・海洋の思想・島の思想・生命の原理・思考の原理)

 

 

「七代」 ななよ   この世の原理(重力・エントロピ・泥砂・積層・浸食・男女・生死)

 

「国生」 くにうみ   大陸への寄港地

 

「神生」 かみうみ  「いざなみ」は家屋・海・水・風・木・山・舟・火の精霊を産む。
              最後に産んだ火の精霊のために「いざなみ」は火傷して死ぬ。
             「いざなぎ」は火の精霊を征伐するが、血が飛び散り、火の精霊は分身して各地に分散する。

 

「黄泉」 よみ 「いざなぎ」は死者の国に侵入して「いざなみ」連れ戻そうとする。
           「いざなみ」の死体から出る漏洩物が、食物の精霊を産む。腐敗分解する死体から電気が生ずる。

 

「禊」 みそぎ  「いざなぎ」が脱ぎ捨てた着衣からは陸路の悪霊が、脱ぎ捨てた腕輪からは海路の悪霊が生成する。
          「いざなぎ」が体を洗うと様々な災いの霊力が、また、その場所からは様々な厄払いの霊力が生成する。
          「いざなぎ」が顔を洗うと、左目から昼の統治者、右目から夜の統治者、鼻から海の統治者が生成する。