私学と官学  →多摩美術大学の歴史

  官学 私学
専門
学校
伊州 1563年 フィレンツェ国立美術学校
仏国 1819年 パリ国立高等美術学校 エコールボザール
蘭州 1870年 オランダ国営ライクスアカデミ
仏国 1968年 公立の美術芸術系59校 ボザール

文化大臣+校長 文化主義 

1872年「彰技堂」国沢新九郎
1918年「日本美術専門学校」紀淑雄
1935年「多摩帝国美術学校」国沢新兵衛

 個人主義 校主+校長
大学 文部大臣+学長 全体主義 

英国 1769年 ロイヤル・アカデミ 王立 大学院大学
北欧 1773年 スウエーデン国立芸術大学 王立
北欧 1871年 アールト大学美術学部 社会主義
日本 1887年「東京芸術大学 」 東京美術学校
中国 1928年 中国美術学院  社会主義
泰國 1943年 シラパコーン大学美術学部 王立
韓国 1946年 ソウル大学美術大学
中国 1950年 中央美術学院  社会主義
台湾 1955年 国立台湾芸術大学
中国 1956年 清華大学美術学院 中央工芸 社会主義
台湾 1982年 国立台北芸術大学
 自由主義 総長・塾長・院長(理事長+学長)

米国 1868年 カリフォルニア大学美術学部
米国 1932年 クランブルック美術学院 大学院大学
韓国 1946年 弘益大学美術大学
米国 1949年 アートセンターカレッジ
日本 1953年「多摩美術大学」 
日本 1961年「武蔵野美術大学」
豪州 1976年 シドニー芸術大学
英国 2004年 ロンドン芸術大学 
.
.
.

日本の美術教育の変遷   →大正の自由教育   →昭和の文化政策
1917年10月大学令「大学ハ国家ニ須要ナル学術ノ理論及応用ヲ教授シ、並ビニソノ蘊奥ヲ攻究スルヲ以ツテ目的トナシ、
           兼ネテ人格ノ陶冶及国家思想ノ涵養ニ留意スベキモノトス」

  大学/専門学校 各種学校 美術運動 文化政策
1872年   「彰技堂」麹町 明治の絵画塾    
1887年 「東京美術学校」      
1888年        
1889年 私立学校令 「京都府画学校」   明治美術会
1890年        
1891年        
1892年     白馬会  
1893年        
1894年   「京都市美術工芸学校」    
1895年        
1896年        
1897年        
1898年       日本美術院
1899年        
1900年   「女子美術学校」    
1901年        
1902年 [哲学館事件]   太平洋画会  
1903年 専門学校令 予科 研究科 別科
修業年限 普通科2年 専修科3年
大学専門部 (旧)
     
1904年        
1905年        
1906年        
1907年       文展
1908年        
1909年 「京都市立絵画専門学校」      
1910年     白樺  
1911年        
1912年     フュウザン会
光風会
 
1913年        
1914年     ニ科会 院展再興
1915年     草土社  
1916年 「旧制大学」8大学区      
1917年        
1918年 高等教育増設政策 理系の優遇
「大学令」
専門学校の大学昇格
「日本美術専門学校」 戸塚町    
1919年       帝国美術院
  大正10年代から昭和初年にかけて、わが国教育会の飛躍充実の時期にあたり、
官立、私立を問わず、学校の充実がなされ、それにともない新設学校が数多く創立された。
1920年 私立大学設置認可
旧制専門学校(実業専門学校)
  未来派美術協会
ドイツ表現主義
 
1921年 「東京高等工芸学校」芝区
「日本大学 法文学部 美学科
「自由大学運動」長野 新潟
「文化学院」美術部 駿河台
「自由学園」雑司が谷
   
1922年     アクション
第一作家同盟
春陽会
 
1923年 「小西写真専門学校」幡ケ谷
  MAVO  
1924年     三科造形美術協会
槐樹社
七人社
 
1925年 「日本大学専門部芸術科」神田
「文化学院」大学部創設
  二科会
造形
 
1926年 「東京写真専門学校」 「東京高等音楽学院」国立 単位三科  
1927年        
1928年        
1929年 「女子美術専門学校」 「太平洋美術学校」下谷区清水町
「帝国美術学校」
吉祥寺
   
1930年   「帝国音楽学校」再興 代田 六潮会  
1931年        
1932年   「新建築工芸学院」銀座 旺玄会 国民精神文化研究所
1933年     日本工房 映画国策建議案
昭和研究会
1934年 「日本大学専門部芸術学園」   新図案家会
大日本映画協会
1935年   「多摩帝国美術学校」上野毛町
   
1936年     多摩図案会 新文展
国策映画研究所
全日本商業美術連盟
陸軍従軍画家協会
1937年 理系の徴兵猶予
「日本大学 法文学部 芸術学科」
財団法人多摩帝国美術学校 全日本商業美術連盟 文化研究会
満州映画協会
1938年        
1939年       聖戦美術展
1940年     邦画一如会  
1941年 太平洋戦争      
1943年 専門学校令の改正
実業学校令の廃止
     
1944年     アニマ 陸軍美術協会
1945年   校舎徴用 学徒出陣    
  「四大教育指令」新制大学
官立学校の種別規定
「京都市立美術専門学校」
  旺玄会 再出発
アンフォルメル
 
1946年 「金沢美術工芸専門学校」     日展
デペンデントハウス
1947年 「多摩造形芸術専門学校」 「造型美術学園」吉祥寺   アメリカ中央情報局
1948年   「武蔵野美術学校」吉祥寺    
1949年 「東京芸術大学」
「女子美術大学」 
「日本大学芸術学部」
  実験工房  
1950年 「京都市立美術大学」
「金沢美術工芸大学短期大学部」
「女子美術大学短期大学部」
「多摩美術短期大学
    フィンランド
白色デザイン
1951年 準学校法人「武蔵野美術学校」      
1953年 「多摩美術大学」      
1955年 「金沢美術工芸大学」      
1957年 「武蔵野美術短期大学」      
1962年 「武蔵野美術大学」      
1975年 「私立学校振興助成法      

世界の美術学校と大学制度  []

  美術学校 大学の特徴
英国 ロイヤル・カレッジ・ オブ・アート
ロンドン芸術大学  私学連合
オックスフォード大学 中世以来の国王勅許私学 教養大学 
ケンブリッジ大学
イタリア NABA 新美術アカデミ 教育・大学・調査省
ボローニア大学 中世商業組合の簿記教育
ドイツ ベルリン芸術大学 
ブレーメン芸術大学
フォルクヴァング芸術大学 音楽 劇場 舞踊
マイスタ教育
フンボルト大学 教授と学生のギルド 科学的真理を追究する学問自由大学
フランス エコール・デ・ボザール (文化省 特別高等教育
パリ国立高等美術学校(高等職業教育機関)
パリ大学 ナポレオン革命と市民革命の国家大学 官僚養成大学
EU連合   ボローニヤ宣言
米国

クランブルック・アカデミー・オブ・アート
プラット・ インスティテュート
アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン
クーパーユニオン
ロードアイランド

ハーバード大学
スタンフォード大学
州立大学 実学 農業 教員養成 社会奉仕大学
日本 東京芸術大学
多摩美術大学
武蔵野美術大学
東京大学 藩校以降の明治維新による富国強兵 産業大学 
文部科学省高等教育局
中国 中国美術学院
中央美術学院
精華大学美術学院 (旧 中央工芸美術学院)
教育部 文化部 軽工業部 専科 科挙制度と国家建設
韓国 弘益大学(美術大学 造形大学
韓国芸術総合学校
弘益大学 儒教 大衆大学
タイ王国 シルパコン大学
 (芸術局 王朝の文化政策)
パタナシン タイ国立芸術大学(タイ文化省)
チュラロンコン大学 日泰比較
インドネシア インドネシア国立芸術大学デンパサール校
インドネシア国立芸術大学ジョクジャカルタ校
ジャカルタ芸術大学
バンドン工科大学 工芸学科 デザイン学科
 
イラン   テヘラン大学 イスラム教義大学

手による実習を重視する美術学校が、頭による学問を重視する大学制度を取りいれることに、問題があるような気もする。大学制度の成立は、手仕事の美術制作とは無縁のようにも思えるし、世界各国の美術系大学院の研究科目を調べてみると、美術史や美術理論、評論著作の研究が主流である。しかしながら、 大学の成立以来、大学の目標は、法律家にしろ牧師にしろ高級官僚にしろ、社会のためにマンパワーを養成し、学生を生業へと準備することであり、美術作家の養成を目的とする大学が存在するのも当然のことである。

→世界の美術教育課程の分野名称