小学生の病気の時に、枕元で見ていた屏風。 祐天寺駅と平塚幼稚園通園路 渋谷駅と東横百貨店


(母の油画)厚生省「体力手帳」  臍帯  [地図]

小学3年の時、縁側で兄達が、庭の枇杷の実がもうそろそろ食べられるかどうか相談しているのを聞いて、その日の内に枇杷の実を全部一人で食べてしまった。
青い枇杷の実には毒があるという。高温にうなされ、近くの医者がきて、危篤状態という。
それ以来、病院には行かないで我慢することにしたから、病気になることは無い。



法廷服の父 レイモンド建築設計事務所の父 

中学3年のとき、父が死んだ。なんとなく滑稽で、お通夜のお酒で酔っ払ってしまった。
住込みの書生が、柿を食べれば酔いがさめるというので、庭の柿の実を暗闇で沢山食べた。
それ以来、柿があると、食べずにはいられない。それが供養の行為であると気が付いたのは、私が父の年令になってからのことである。



武術が禁止された高校のフォークダンスの時間

父は自由業の弁護士であったが、選挙に連続落選した後の急死であったので、とたんに家庭経済は破綻した。
日本育英会の特別奨学生を受験し、自活を目指して広尾高校山岳部 に入学、年間100日を山で暮らす。
自然放浪のあげく、都市浮浪となる。


終戦直後の小学校は教員不足で、低学年の時の担任の先生は18歳の代用教員、高学年の時の担任は学校の保健婦であった。
進駐軍配給のコッペパンとスキムミルクが好物であった。
中学校の先生方は、シベリア抑留帰りの日教組の先生で、教室の外では、右翼の宣伝車がうるさかった。