Chapter 6 of "Impressions d'Africa" Raymond Roussel
The ripple pictures in the river , Fuxier: the sculptor

彫刻家フィユクシェが披露する「青いボンボン」は、水中に投げ入れると振動して水面に波紋画像を生成する。水の表面波の理論が、レイリー男爵によって明らかにされたのは1885年のことである 。

a. Perseus, bearing Medusa's head
  b. dancers on a table
d. The wind-clock in the land of Cockaign
  e. The Prince of Conti and his jay

c. The poet Giapalu and the great poetry Var
波紋絵画 a. 打ち取ったメヅーサの首を掲げるペルセウス。
波紋絵画 b. 拍手喝采をあびて食卓の上で踊る踊り子達。
波紋絵画 c. 創作詩を盗み読みされる詩人ジアパリュ。
波紋絵画 d. 周期的に季節風が吹くコカーニュの国の風時計。
波紋絵画 e. 半裸のコンティ公と飼い馴らしたカケス。
François Louis de Bourbon, Prince of Conti